背景
帯
MESSAGE 〜ごあいさつ〜
B.LEAGUEから世界へ。
東京から世界に通用する人財を育成し、NBA選手を誕生させたい。
あらゆる垣根を超えて人と人が繋がっていく社会の一助となれるようにチャレンジしていきます。
帯
人生は出会いで変わる
バスケットボールに夢中になり始めたきっかけは、知人の経営者に紹介され1冊の本を読んだこと。
その書名は平山譲著「ファイブ」。
それからバスケ観戦に没頭し、その面白さに魅了される。
小さな選手がスターになれること、誰でもシュートが打てること、展開がスピーディーで興奮することなどなど。野球やサッカーなど、日本の他のメジャースポーツとは違う楽しさがそこにはある。
こんなにワクワクするスポーツがあったとは!
サッカーの1.5倍、4億5,000万人の競技人口という世界No.1の大きな市場を有しているバスケットボール。
男女が慣れ親しんでおり、日本国内でも競技人口が圧倒的に多い。
バスケットボールのスポーツとしての魅力、秘めた可能性を感じ、この日本でバスケットボールをメジャーにするために、自らチームを設立し、全くの「0」からスタート。
ミッション・ビジョンを形にして、バスケットボール界に貢献したい。
多くの子供たちの憧れになり、スポーツを通じて素晴らしい人財を育成していきたい。
私たちの活動を通じて人と人がつながり、障害・人種・性別・貧困などのあらゆる垣根を超えて、フラットな社会作りの一助になりたい。
そんな想いから、現在に至っています。
帯
日本のバスケが世界の舞台で活躍することが重要
日本代表が世界で勝利すること
世界に通用する日本国籍選手を輩出すること
日本バスケットがメジャーとなるために、この2点を実現します。
最初に私たちが目指す目標は、
B1昇格。
B1優勝、日本一達成。
そして、地元で開催される2020年東京オリンピック日本代表に我が東京Zから選手を輩出することです。
しかしながら、これらは最終ゴールではありません。
大田区総合体育館をホームアリーナとして、城南エリアを中心とした東京がホームタウンの我チームから、世界を相手に戦える選手を輩出し、日本代表が世界で勝利することが、最初に目指す大きな夢の実現です。
そのためにチームが一体となって世界に通用する人財に成長することが重要だと考えています。
帯
B.LEAGUE元年を迎えるにあたり
私自身含めて、チームの誰もが夢の実現に向けて、本気で挑みます。バスケットボールを夢のあるスポーツにするために。
大きな目標達成のために大切なのは、今日という日に一歩前進するのかどうか。足元をしっかり固めていくことです。
まず、B.LEAGUE元年、B1昇格を果たし、ファンのみなさまと喜びを分かち合いたいと思います。
みなさまのご支援、ご声援がすべての原点であり、私たちにとっての最高のエネルギーです。
共に、夢を実現させていきましょう。
アースフレンズ東京Z
株式会社GWC 代表取締役 山野勝行
帯
山野勝行プロフィール
■ 経歴
1999年 (現)三菱UFJモルガンスタンレー証券株式会社
2004年 不動産インフォメディア株式会社
2010年 三井不動産リアルティ株式会社
2012年 一般社団法人スポーツコミュニティジャパン設立 代表理事就任
2013年 株式会社GWC設立 代表取締役就任